FC2ブログ
2017年12月31日 (日) | Edit |
*この記事は12月4日に作成し、しばらくの間2番目の位置に掲示しました。

「そういちカレンダー2018」発売中!

歴史や科学などに関する記事がぎっしり詰まった、雑誌感覚の「読むカレンダー」をつくって販売しています。トイレの壁とか、家族や仲間が立ち止まって読むようなところに貼ってください。
周りの人との共通の話題や、「話のネタ」「考えるきっかけ」を得られるはずです。


2014年版から制作していて、今回で5年目。
このカレンダーづくりは、私にとって「1年のまとめ」のような活動です。

イラストも含めた原稿作成、編集レイアウト、さらに印刷まで自分でやっています。結構エネルギーを費やしております。

こういう、時間や手間のかかる「真剣な遊び」ができるのは、いろんな環境に恵まれているからこそ。今年もこのカレンダーを制作できたことに感謝。

そして、2018年版では、電子版(PDFファイル)を新たに制作しました。

このブログの著者そういちのアドレスに「電子版購入希望」とだけ送ってくだされば、「そういちカレンダー2018」のPDFファイルを返信いたします。お支払いはそのあとで。お名前はハンドルネームで結構です。
価格は300円(振込先の郵便振替または楽天銀行の口座などはメールにてご案内


そういちのアドレス:so.akitaあっとgmail.com
*返信に1~2日かかる場合があります

この電子版は、販売目的での複製・印刷は禁止しますが、無償でシェアするためであれば、複製・印刷・配布していただいて結構です。家族・友人・仲間で、データのかたちでも、紙に印刷したかたちでも、どんどんシェアしていただければ。そして、もしもさらに「これ面白い、うんと応援したい」と思ってくださったら、1口300円でそういちの口座(郵便振替・楽天銀行)に寄付していただくことも歓迎です。

この電子版は、2018年版の試みとして行っています。来年はどうなるかわかりません。この機会にぜひ。

記事の内容、購入について詳細は、以下に。

 *** 

我が家の壁に貼ってある「そういちカレンダー」。 
これは2014年版ですが、表紙のデザイン・紙質などは2018年版も同じ。

 カレンダー使用例 (2)

ただ、2018年版からはこれまでのA4版サイズをB5に変更。記事の分量などをややコンパクトにしました。でも「読み応え」は損なわないように……

これは2018年版の2月のページ。

カレンダー2018

【このカレンダーのコンテンツ】
①四百文字の偉人伝 古今東西の偉人を400文字程度で紹介
②名言 世界の見方が広がる・深まる言葉を集めました。
③コラム 発想法・社会批評・世界史等々
④知識 統計数値・歴史の年号・基本用語などを短く紹介
⑤各月の日付の欄に偉人の誕生日

これらの記事は、このブログの記事と私そういちの著作(『一気にわかる世界史』『四百文字の偉人伝』『自分で考えるための勉強法』)がおもな素材です。
 
【カレンダー仕様】 B5サイズ,全14ページ
ダブルループ製本、極厚口の上質紙(アイボリー)

【価格】1冊1000円(送料込み) 
10冊以上ご注文の場合、2割引きの1冊800円

【購入方法】
下記のメールアドレスまで「①お名前②お届け先住所③カレンダー〇冊」の3点を書いたメールをお送りください。

カレンダーの発行者である「そういち」のメールアドレスです。

メール送り先:so.akitaあっとgmail.com  「あっと」は@に変換

支払は、商品到着後。
ご注文があってから数日ほどで商品を郵送にてお届けします。
商品とともに代金振り込み先(郵便振替または楽天銀行の口座)のご案内をお送りします。


【電子版も発売】
このブログの著者そういちのアドレスに「電子版購入希望」とだけ送ってくだされば、「そういちカレンダー2018」のPDFファイルを返信いたします。お支払いはそのあとで。お名前はハンドルネームで結構です。
価格は300円 振込先の郵便振替または楽天銀行の口座などはメールにてご案内します。

そういちのアドレス:so.akitaあっとgmail.com
*返信に1~2日かかる場合があります

この電子版は、販売目的での複製・印刷は禁止しますが、無償でシェアするためであれば、複製・印刷・配布していただいて結構です。家族・友人・仲間で、データのかたちでも、紙に印刷したかたちでも、どんどんシェアしていただければ。そして、もしもさらに「これ面白い、うんと応援したい」と思ってくださったら、1口300円でそういちの口座(郵便振替・楽天銀行)に寄付していただくことも歓迎です。

(以上)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック