FC2ブログ
2018年05月22日 (火) | Edit |
日本の映画作品が、カンヌ映画祭で一番の賞をとったニュース。たしかに素晴らしいことで、映画にさほど関心があるわけではない私も、うれしいです。

でも、ふと思いました。

ニュースでは、「世界3大映画祭のひとつ」とか言っているけど、日本にはそんな映画祭はないのだなあ、と。それは、さびしい。

もうそろそろ、外国の賞をもらって「何年ぶりの受賞です!」みたいに喜んでばかりはいられないのではないか。

もちろん、その立派な賞を受けた個人や関係者は、ほんとうに喜ばしいことだと思います。そのことは別にして、日本の国や社会としては、ちょっと冷静に考えてもいい。

日本は、先進国レベルにまで経済が発展して、もう50年は経ちます。もうそろそろ、賞をもらって喜ぶ側ではなく、賞をあげるほうの国になることを、本気で考えたらどうだろうか。

世界のなかでほんとうに優位な国は、ほかの国の人が欲しがる賞を、たくさん主宰している国です。

「賞をあげる国」というのは、文化において、「何が価値があるか」を管理している側です。それができるだけの系統だった考えや、表現力、組織運営の能力などを持っている。その点で、私たちは欧米人にまったく歯が立ちません。

たぶん、これから10年くらいのうちが、「賞をあげる側の国」になれるラストチャンスです。そういう国になるための、一歩を踏み出すのです。

外国からの観光客が増えて、喜んでもらえているようなのですから、まだ可能性はあります。外国人が評価してくれる、日本人の得意な世界で、「何が価値か」を打ち出していけるようになれないものだろうか。

たとえばマンガやアニメーションで、圧倒的に権威のある賞とか、できてもよさそうです。

でも宮崎監督や故高畑監督でさえ、外国の映画賞への参加を、おおいに喜んだりしていました。あの2人の監督は、ほんとうは外国人から賞をもらう側じゃなくて、アニメの分野では、世界のすぐれた誰かに賞をあげて励ます側でしょう。

そういう状態では、ぼんやりしているうちに、ラストチャンスを逃してしまう。

なにしろ、こういう大きな受賞があったとき、「賞をあげる国になろう」という人が、あまりいないのですから。

(以上)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック