FC2ブログ
2020年08月25日 (火) | Edit |
こちらのブログの更新がやや滞っていましたが、一方で別ブログ「そういち総研」ではこの1か月で4、5本の記事をアップしました。「そういち総研」は、世界史に特化した記事を載せようと始めたものです。メインの世界史のほか、現代社会を考える記事もあります。いずれも4000~5000文字以上の長文になっています。

最近アップしたもののうち2つをご紹介。

こちら→紙の普及による変革の歴史

ひとつは、紙の歴史に関するもの。紙は紀元前100年代の中国で発明されて、700年代にはイスラム世界に伝わっておおいに用いられるようになり、その後中世ヨーロッパにも広まった。紙の普及は社会に流通する情報量の拡大や、ビジュアル表現の進化をもたらし、さらには行政やビジネスの精緻化、文化の洗練にもつながりました。

おもしろいと思ったのは、そのような影響の様子が、現代の電子メディアの普及の場合と似ているということ。つまり紙の発明・普及の歴史は、電子メディアの意義やこれからを考えるうえでも参考になるのです。

もうひとつは、おもにビザンツ帝国でのペスト流行を話題にしたもの。

こちら→「中世のペスト」より「ビザンツのペスト」

感染症の歴史に関しては、中世ヨーロッパのペストがよく引き合いに出されます。しかし実はより昔の100~200年代のローマ帝国の疫病や、500~600年代のビザンツ帝国でのペストの流行の事例のほうが参考になるのでは、と最近になって考えるようになりました。

中世ヨーロッパのペストの場合、その惨禍のあとに新しい、活気のある社会や文化がおこりました。ペストのあとには「ルネサンス」が来たのです。しかし、これは当時のヨーロッパが活気のある新興の社会だったからではないか?

成熟社会である現代の先進国は、そのような新興の社会とはちがうのでは? 

現代の先進国は、繁栄が始まって長い時間が経った最盛期のローマ帝国やその後継の国家であるビザンツ帝国にむしろ似ているのではないか。そんな「成熟社会」を感染症の大流行が襲った場合、どんな影響が残るのか?

これは、とくにビザンツ帝国の場合ははっきりしています。それまでに盛んだった、ローマ帝国から受け継がれた公共浴場、大スタジアムでの競馬、劇場といった文化が、ペストの大流行のあとはすっかり衰退してしまいました。

それには異民族からの攻撃という要素も大きかったのですが、ペストも影響しているはずです。

成熟社会での疫病は、社会に深刻なダメージを与える。その結果、さまざまな価値あるものが失われるかもしれない。

ペスト(感染症)のあとには、新しい社会が生まれるとしても、その社会が活気ある明るいものとは限らないのです。

ビザンツでペスト流行の時代のあとに公共浴場や競馬や劇場がすたれたことは、ビザンツの専門家やとくに関心を持つ人たち以外にも、もっと知られていい知識だと思います。

たしかにペストの影響については不明確なところはあるので、このあたりの専門的な研究が進むといいと思います。あるいは、私が知らないだけで良い研究があるなら知りたいです。

私はとくに何がくわしいという専門性のない、ぼんやりした世界史好きです。なので、個別的な国やテーマを扱う歴史の本を読んで、このビザンツのペストの件のような、その筋の人は知っているけど、多くの人は知らない、でも知る価値のあることに気がつくとうれしい。それが自分の役目だと思うのです。

(以上)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック