FC2ブログ
2013年03月26日 (火) | Edit |
100_5534.jpg

平日の私の昼食は,いつもだいたいおにぎりです。朝,カミさんがつくってくれます。

おにぎり2個に,ドライフルーツ少々とチーズをひとかけ。それをハンカチに包み,お茶の入った水筒といっしょにカバンの中へ。

職場で食べることもありますが,近くの公園でベンチなどに腰かけて食べることも。この数年で,何百回も食べてきましたが,飽きません。

「なんか,わびしくない?」と思う人もいるかもしれません。
 
たしかに,私が「おにぎり生活」をはじめたのには,「節約」ということもありました。
 
でも一方で,「おにぎりの昼食って,シンプルで,結構ステキなんじゃないか」とも。3~4年前にある文章を読んでから,とくにそう思うようになりました。

それは,『暮しの手帖』という雑誌の昔の記事です。同誌は,1948年に創刊され今も続く,「日々の暮らし」をテーマにした雑誌の元祖といえる存在です。

その71号(1963年9月)の記事に,こんなふうにありました。私が読んだのは「300号記念特別号」(2002年12月刊)に再録されていたものです。

タイトルは「いちばんぜいたくな昼食」

《いまの世の中で
いちばん ぜいたくな
お昼ご飯は なにか
ご存じですか
奥さんや お母さんが
愛情こめて作った
おべんとうです。
 
 (中略)
 
せめて 週に一どか二ど
愛情につつまれた
たのしい心のぜいたくを
持たせてあげませんか

そのおべんとうには,おむすびなんか
どうでしょうか
開いたとき,たのしくて,それにべ
んとう箱もいりません。あれは,持っ
てかえるのが,なんだか厄介なものだ
し,忘れる心配もあるし,中でサケの
骨や梅干のタネが,カラカラと鳴って
いたりするのは,わびしいですからね》

 
このあと,記事では数ページにわたり「おむすびの4つのタイプ」とか,つくりかたのポイントとか,「おむすびを包むもの」をどうするか,といったことを述べています。

たとえば,《全体を,大きめのきれいな柄のハンカチなどで包んであげましょう。新聞紙などで包んでは,興ざめです。》などとあります。

これを読んで,おむすび=おにぎりっていいな,と思ったのでした。
「おにぎり生活」という自分の行いを,美しく肯定してくれる感じもしました。

それにしても,これって50年も前の記事なんですよね。今どきの「シンプルな暮らし」を先取りしているような内容です。

あなたもたまにはおにぎりの昼食,どうでしょう?   

(以上) 
関連記事
テーマ:雑記
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック