2013年04月07日 (日) | Edit |
サッシ

サッシ2

 きのうから今日にかけては,全国の広い範囲で,天気が大荒れだったようですね。
 私の住む東京・多摩地区も,今日は風が強かったです。

 そんな日には,我が家はビュービュービュービューうるさいです。
 窓のサッシの,すきま風の音がするのです。

 古い団地をリノベして住んでいる,我が家のアルミサッシは,1978年に建てられた当時のままです(上の写真)。
 
 昔の建築工事は,今ほどの精度はありません。
 だから,建て付けがイマイチです。サッシの窓はどこかガタガタしていて,すきまがあります。しっかりと閉めたつもりでも,風が強い日は,ビュービュー風の音がする。

 こういう,施工の技術的な限界は,古い団地のデメリットのひとつでしょう。
 
 でも私は,この「昭和のアルミサッシ」の窓が気にいっています。
 
 このサッシは,ガラスも昔のままです。下半分が擦りガラスになっているのですが,今はまずみかけない仕様です。これは程よく光や外界をさえぎってくれて,なかなかいいです。

 それから,上のほうをみると,窓のなかにさらに小さな窓が。

サッシの小窓

 これは,換気用につけられたもののようです。こういうのも,今はみかけません。
 冬のシーズンに,ガスストーブを使っているときや,鉄板で焼肉をしているときなどに,この小窓を開けたりしています。これも,なかなかいいです。

 ビュービューうるさいときもあるけれど,このサッシを,これからもだいじに使っていきたいと思います。

(以上)
 
関連記事
スポンサーサイト
テーマ:建築デザイン
ジャンル:学問・文化・芸術
コメント
この記事へのコメント
それは設計上ビュービュー隙間風が吹くのではなく

気密性保持のための部品が全てすり減っているからです。

気密材=パッキン
気密ピース=サッシの端っこで上と下についてるプラスチック部品
風切り板

すべて交換すると気密性は見違えますが、おそらく古すぎてもう部品は出ないでしょう。
2017/03/21(Tue) 18:00 | URL  |  #-[ 編集]
Re: タイトルなし
コメント、ありがとうございます。返信おそくなり、恐縮です。
なるほど。数年前に団地の修繕でパッキンは取り替えたので、少しは良くなったかもしれません。
でも、やっぱりビュービューという音が新しいマンションよりも激しいと思います(比較的新しいマンションにも住んでいたことがあります)。

あと、子供のころに今の家と似たような団地(当時は新築)に住んでいましたが、その当時から、やはり今どきのマンションよりもビュービューの音が激しかったと記憶しています。
2017/03/24(Fri) 06:42 | URL  | そういち #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック